跡地ひとり調査団
別にHP持ってますし、ここはメモ代わりのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
EOS 7D を買って設定をしてみる
Canon の最初期ロットは避けたいので、少し待ってからEOS 7D を購入した。

今まで使ってきたEOS kiss DN は素晴らしい機動力だったのだが、
俺の腕前が落ちたのか厳密な水平出しが出来なくなってきたので買い換えたくなったのだ。
kiss DN は余りにもコンパクトなため、上手くホールド出来ず、
余る指と、変なところが当たって痛くなる指があった。そのため水平を出しにくかったのだ。
今までにも買い換えを考えたが、イマイチなのばかりキヤノンは発売し続けて買う気になれなかったのだ。
EOS kiss DN を買った後に出た EOS kiss X はダスト落としが羨ましかったりしたが、流石に買いはしなかった。
EOS 30D/40D/50D では、機動力のデメリットが大きい割に性能が大したことないので買い換えられなかった。
EOS 5Dmk2 はフィルム時代のレンズ活用からも欲しかったけど、ストロボ内蔵じゃないので機動力が劣る。
そしてついにEOS kiss DN から買い換えする気になるのが登場した! それがEOS 7D だ。

-----

で、取説を読まないで買った状態のままとりあえず写真撮影をしてみた。

 EOS kiss DN に比べて、EOS 7D は適当に撮ると全然駄目だった。

EOS kiss DN は、一眼なのに軽量化のせいでオモチャみたいなファインダーなので、覗かないで適当に写真を撮ることも多かった。
でも、結構ちゃんと写っていた。
EOS kiss DN の方がある意味出てくる写真が良い。
これがEOS 7D だと、1800万画素の威力でピントが合ってるところは凄い解像度の分、外した時に差を感じてしまう。
DIGIC 2 と820万画素だからか? レンズ性能とバランスが取れていたのかもしれない。
 EOS 7D だと、被写界深度が狭く感じる。ダイナミックレンジも狭く感じる。
光線にもシビアだ。ダイナミックレンジは狭くないはずだが、シビアに感じる。
AEの評価測光も、kiss DN の方が上手く行ってる気がする。
「オートライティングオプティマイザ」を設定すれば良いのだろうか? 思いもよらない補正が入らなければいいけど。心配なら「高輝度側・階調優先」するにすれば安心か? 
先日は高輝度側・階調優先にしていたけど、街並みを撮影すると露出アンダー多発になる。ので、露出を常に+1/3に設定して撮影した。なんか 7D は変だ。
今度はオートライティングオプティマイザ標準を使ってみることにした。はたして…。

-----

EOS 7D のAFは進歩している。動体に強いのも凄いが、kiss DN より暗いところでもAFが作動できる。
ただ、所有するシグマのレンズの時、テレ端の開放F値がF:6.3 なので調子が悪くなる。

-----

EOS 7D には「周辺光量補正」という機能が付いている。
広角レンズで青空を写すと、四隅が濃くなって行くのが解る。特に開放だと。
この補正でそれを明るくしてやれるのだ。
後からソフトで補正したり、効果を狙った利用もあるようだが、不自然は不自然だ。
当初から補正データが25本分入っているのだが、
それ以外の純正レンズのデータは「EOS Utility」ソフトから入れる必要がある。
PCに最新版の EOS Utility を入れて、USBでカメラと繋ぎ、PC側から操作する。
所有している少し古いEFレンズのデータもしっかりあったので、カメラに登録をした。
レンズを装着してメニューから見ると「データあり」になった。
こうなると、シグマのレンズが困る。
望遠側はいいけど、広角は補正したいし。
広角~標準域は純正キットレンズを復活させて使用し、標準~望遠はシグマと使い分けかな。
シグマ1本で間に合わせていたけど、これからは昔のように一眼レフらしくレンズ交換になりそうだ。

-----

EOS Kiss DN ではそんなに多くカスタムが出来ないけど(メーカー改造はしたけどね)、
そんな設定の中でストロボシンクロだけは「後幕シンクロ」に設定していた。
T90が登場した時の憧れが今も残ってるので、EOS 7D でも後幕シンクロの設定にした。
鉄ちゃんしかやらないかもしれないけど、AE-1使ってた頃は羨ましかったのだ。

EOS 7D はまだまだカスタマイズが出来る。
操作に関しては、個人的な好みで電子ダイヤルの回転方向を逆に設定した。
ISO感度設定は、1/3ステップなんて使わないので1段ステップにした。
それにしても、ISOオートってのはフィルム時代では考えられなかった夢のような機能だな。
100-3200だけではなく、200-1600のモードも欲しかったな。
「M-Fn」ボタンはファインダー内水準器のボタンに変更した。
「絞り込み」ボタンは、「AF切替」ボタンに変更した。押してる時だけ19点から1点に切り替わる。

-----

EOS 7D は背面のボタン配置や電源スイッチが、EOS 50D とは異なり、EOS Kiss DN と同じなので使いやすい。
ただ、AFモード切替は3モードしかないのだからNikon と同じようなセレクタースイッチにして欲しかった。

-----

EOS 7D にあと他に付いていて欲しかったのは、
「視線入力AF」「GPSによるジオタグ埋め込み」ですね。
EOS 55 を2台も使い続けた位視線入力は気に入ってたんですよ。

「バリアングルモニター」が欲しいと思ったけど、凄い性能の背面液晶とライブビュー切替があるので必要なかった。
専用スイッチがあるので簡単にライブビューになる、これで構図を決定して、ライブビューをOFFにし、それからAF作動させて撮影すれば、バリアングルが無くても無理な姿勢でも撮影出来る。

-----

葬式鉄としては、動画とスチル両方撮りたい場面が多いので2台同時に操作していたけど、
これからは動画はサブに割り切って、EOS 7D 一台で済ませられるかもしれない。
今までは、デジイチと、ムービーカメラと、フィルムのコンパクトと、携帯電話の4つで撮影していた。
プリンターも買い換えたのでフィルムのコンパクトもやめられるかも。7Dと携帯電話だけでよさそうだ。
逆にレンズは複数持ち歩く必要が出てきてしまった。足りない位だ。

-----

ボディーを買い増しして使い出してみると、
レンズも欲しくなってしまうなあ。
周辺光量補正が登録出来るレンズが欲しい。
カメラバックも新調したいなあ。困ったなあ。
-----

雲一つ無い晴天の下で写真撮影をしてみた。

 「周辺光量補正」は素晴らしい出来だ!

EOS Kiss DN キットレンズ18-55mm 1:3.5-5.6 2 USM を18mmにして使ったけど、今までだったら四隅が暗くなったはず。だが出来上がった写真は地上から天頂にかけて水平にグラデーションが写り、とても自然だった。

「オートライティングオプティマイザ」を標準に設定して使ってみたが、思った程ではない気がする。でも、効果は確かにある。万能なのだろうか? EOS Kiss DN で適当に撮った方が失敗が少ない気がまだする。でも、EOS Kiss DN は後でソフトを使ってレベル調整しないとならない場合もあったし、一長一短か。7Dに慣れるためにはまだまだ研究の必要性があるな。

「ピクチャースタイル」を風景に設定した。青空はたしかに素晴らしくなっている。
気に入ったので、帰宅後ピクチャースタイルファイルを2つダウンロードしてユーザー設定に組み込んだ。
設定が色々出来るのはありがたいが、時間と手間がかかるな。
フィルム時代なら、フィルムの銘柄と特殊フィルターをセットで入れ替えて撮影している事だから凄いよ。EOS kiss DN には搭載されていない機能だったので、代わりにホワイトバランスと露出調整で効果を狙ったりして使っていたけど、EOS 7D は使いこなせば幅が広がりそうだ。

適当に撮影するときはEOS Kiss DN の方が機動力もあって良いが、厳しい条件下でじっくり時間をかけて撮影するのならEOS 7D だね。できればあと50gは軽くして欲しかった。重いよ。そう考えると近い将来出ると噂されるEOS 60D が気になるところだが、Canonの二桁機はすぐにkiss の新型に性能を抜かれるから待たずに7D にしたわけだ。kiss の問題点はコンパクト過ぎることとサブ電子ダイヤルなどボタンが少ないこと(入門機だから当然だが)だけで、メリットが遙かに上回る。最新のkiss が最強だ。

今回は、EOS Kiss DN がコンパクトすぎる事と、ビデオを別に持ち歩くのが嫌になった事などからEOS 7D を購入したが、ボディーが重たい事と、ファイルサイズがでかくて古いソフトがフリーズする点(笑)を除けば、7D は素晴らしいカメラと感じた。
あ、それと、手持ちのレンズを入れ替えたくなっちゃいますね。

7Dのキットレンズ、EF-S 15-85mm と、Kiss X3 のキットレンズから、EF-S 55-250mm を組み合わせて使いたいですね。
何で55-250mmなんだと思われるでしょうけど、そんなに多用しないのなら軽量な方が良いからです。それと、55-85の間が被るので使い勝手も良いはず。もちろん、三脚構えて撮影するような方は70-200mmF2.8L の方が良いはず。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。