跡地ひとり調査団
別にHP持ってますし、ここはメモ代わりのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
EOS7D は改良待ち。433倍速CFカードを先に購入
Canon EOS 7D が登場したが、
連写時のゴースト像問題、5Dmk2 のファインダー視野率約98%より低い実質約97%なのにカタログスペック約100%問題とかがある。
ファームウェアアップデートではファインダーの問題は治らないだろうし、今後の改良が待たれる事もあり初期ロットには手を出したくない雰囲気だ。

EOS 50D の後継機60Dに期待を寄せていたら、一桁機でAPS-Cサイズのフラッグシップに相応しいスペックで登場した7D。
EOS 50D がなんか先端機能を十分搭載していない感じがして、
いや、キヤノンの二桁機は、他社ライバルというより、直後に出るKiss にいつも追い越されていただけに、現時点でフルスペックな7D は会心の1台だ。しかし、まだ待つしか無さそうだ。もしくは、7Dとは別の60D登場待ちか。7Dはちと重すぎるからちょっと軽量化して60D出て欲しいね。出るならスイッチ関係は7Dと同じにして欲しいな。

ここで、キヤノンのKiss と二桁機の違いだが、
軽量コンパクトが好きな人はKiss Digital を選び、
多少重くても手にしっかり持てるのが好きな人は二桁機を選べばいいという感じでしかない。
もちろん、本当はもっと違いは沢山ある。根本的な作りからして違う。
はっきり言ってペンタダハミラーなんて、一眼レフとは言えない位だ。
しかし、センサーのダスト落としを搭載したのも、1000万画素越えも、kissの方が先だし、
動画機能に関しては、未だに二桁機には搭載されていない。
新品を買うユーザーから見れば、フィルム時代と違ってkissは馬鹿に出来ないスペックなのだ。

初代EOS Kiss Digital は、「この金額でデジタル一眼が買えるの?! 」って言うだけの価格が安いことに意味のある機種だ。
しかし、Kiss Digital N は違った。ここから世代が違うのだ。シャッターがすぐに切れるのだ! そう、それまでのデジカメは電源OFF状態から起動するのに2秒近くも時間がかかったのだ。コンデジもそう、デジカメはそういうもんだとさえ思えていた。

名機20Dとほぼ互角の性能を惜しげもなく投入、DIGIC2も同じだ、そして安い! 
しかも、安いけど初代より高級感がある。
モードダイヤルのデザインと角度から来る印象は後のX 以降よりも落ち着いたカメラらしさが在り、オモチャっぽさが無い。液晶は小さいが、その代わり、二桁機だと上面にある液晶表示が背面にあってライトボタンでオレンジに光り、EOS機でもっとも背面デザインが格好いい。ボタンの色も渋いし。
当時世界最軽量(2005/03)で、ボディーは初代より二回り小さくなった感じだ。
電池も小さくなったのだが、省電力設計になったのか初代より持つようだ。Xは逆に電気を食う。
このN/X の電池は同時代のminiDV(デジタルビデオカメラ)にも同じ電池が使われている。
もちろん、デジタルビデオカメラ(FV M30 など)の場合はもっと大きなサイズも用意されているが、Kiss D/N/X のも使用可能だ。
それと、シャッター音が独特だ。はじめは人工的なキシューンって音に聞こえるだけだが、他の機種を使うとパコンパコンって情けない音で目が点になる。キシューンって音の方が連写一眼だね。

素晴らしいKiss Digital N だが、問題もあった。シャッターが切れなくなることがあるのだ。
セルフタイマー/連写切替ボタンにうっかり触れたのに気付かずに次の撮影をしようと思うと、シャッターが切れないのだ! 当たり前だが、ケースの出し入れとかでこのボタンは当たりやすく、しかも、サスペンドからの起動で撮影にはいると気付かないのでチャンスを逃す。
これは非常に深刻なので、キヤノンに改善を迫るがソフト的には出来ないという返答、
仕方なく、基盤のスイッチをメーカーで殺して使えなくしてもらった。
おかげで連写の選択とセルフタイマーは使えない。
この事件は他でも発生していて雑誌で読んだ記憶がある。
たしか、次のKiss Digital X ではそのボタン操作方法が変わって触れただけでは作動しなく改良された。
それと、小型すぎて指が余り、水平に構えにくい人がいるかもしれない。

ポルシェと同じように最新のEOSが最高のEOS であるが、必ずしもKissより二桁機がよいわけではない。
限界まで使いこなすなら二桁機が勝っていそうに感じるかもしれないが、実は人間の方が限界状態なら小型軽量のKissの方が上だ。
Kiss Digital N の輸出モデルEOS 350Dは海外で賞も受賞している。
20D/30DはKiss D/N から乗り換える程の違いはなく、40Dが少し性能が上になって50Dが思った程の進化が無くてガッカリし、kissD/N の代わりになる二桁機が出ないまま7D 登場となってしまった。今から中古を買うなら別だが、新型が出る度にその時点で新品を買うかどうか考えた場合、二桁機は今一歩「待ち」に感じてしまうのだった。
Jpegでちょっと撮る程度なら、高画素の新型よりKiss D/N や30Dの820万画素の方が良い絵という人もいる位で、軽さの魅力を考えると新型二桁機よりKissD/N なんですよ。

さて、EOS 7D に戻るが、
ニコンのD300s が、CFカードとSDHCカードのデュアルなのに対し、CFカードのみで登場した。
SDは無いとわかったので、将来7D 購入を念頭にとりあえず超高速型CFカードだけを先に買っておくことにした。 ただ、超高速が古い機種でも問題なく使えるとは限らないという困った問題がある。そこで、各社のHPを見て対応状況を調べてからの購入だ。
ここ1年でSDカードは信じられない位安くなったが、CFカードもSD程ではないけど安い。
512MBのを1万円ぐらい出して買ったのはなんだったのだろう。

今まで信頼性を信じてSanDisk の高速タイプ(ultra2 はExtreme3 より相性が良く高速らしい)を使っていたが、まあ今ならSanDisk 以外のメーカーでも信頼性は上がってるだろうと他のメーカーのを買ってみることに。
GREEN HOUSE のクアッドアクセス433倍速UDMA対応を買ってみました。16GBのを。
早速、カメラテスト。連写するとビジーに、それを繰り返したらエラーCFになって駄目に。
対応表だと対応してるのに。
初期不良か? 店で別のと交換してテスト。今度は大丈夫です。
どちらも初期化しないで使用開始したけど、はじめのは駄目になって、次のは大丈夫でした。
テスト直後にカメラで初期化して再度テスト、問題在りません。
過去にSanDisk のも新品を初期化しないで使ったけど平気だったし、これは初期不良だったのかな。テストは大事ですね。

ちなみに、カメラでフォーマットしたのですが、
カメラのinfo.ボタンを押してCFカードを見ると7.8GBの空きと表示されている。
1GBのを入れると964MBの空きとなる。このカメラだと8GB仕様になってしまうのか? 
メーカーの対応表ってのは、動くか動かないかという意味なのだろうか? 
PCに刺してプロパティを見ると、7.81GBの容量だ。16GBのを買ったのに。

ネットで検索したら、一度でもカメラでフォーマットすると7.9GB仕様になってしまうらしいです。
PC上でFat32Formatterを使ってフォーマットし直すとカメラで見ても15GBに戻るそうです。
ttp://www.d4.dion.ne.jp/~hniwa/

ちなみに、PCにはターボ搭載?のカードリーダーライター経由でデータを送ってます。

16GB使い切るためにもEOS 7D の早期改良を望む。
かつて、フィルム時代にEOS 55 を2台続けて使ったのだが、
こいつは視線入力がとても良くて、かなり気に入っていた。
また、視線入力を搭載して欲しいのだがなあ。

-----

洗剤を買いに行ったら、ラミーとバッカスのチョコが売っていたので購入。
ラミーの季節になったんですね。
-----

北陸での葬式鉄をしてきました。

その肝心な時に、グリーンハウスのCFカードはビジーになって動かなくなってしまいました!!! 

アクセス自体が不能です。
仕方なく、予備のサンディスクに差し替えて残りを撮影。
残量が一気に少なくなってしまったのでケチケチ撮影になってしまった。
それにもまして、一番肝心な画像が消滅……ショックです。

帰ってからPCでカードの中を見るとフォルダが1つあるだけで画像無し。

ファイル復元ソフトで何とか吸い出して復活出来ましたが、
GREEN HOUSE のは駄目だ。

ちなみに、連写はしないで400枚強撮影したところで起きました。
フォーマットしてから使ったのにそれでも駄目とは。

EOS kiss DN にGH-CF16GFX は適応になってるけど、使っちゃ駄目です。
そして、ビジー、エラーCFでアクセス不能になっちゃいます。
それと、16GB買っても7.8GBになってしまう(これはカメラのせいだが、G社適応表には何も書いていない。16GB選んだ意味が無いじゃないか、こういうのは適合とは言わない)。
当時のCanonは2GB以上の大容量も使えるっていうだけで8GBとか想定していなかったのだろう。
5Dと違って最新のファームウェアでも7.9GB以上に拡張されていないのが悲しい。

返品しかないな。SanDiskのultra2やExtreme3の4GB買い直せば間違いないだろうけど、
UDMA転送モデルじゃないと7Dに買い換えた時に動画撮影出来なくなってしまう。
困ったね。

結局、Extreme4 を買った。
新ExtremeはExtreme3の後継だが4より転送速度が高いカタログスペックのようだ。
が、実際は同じ位らしい。なので、新Extremeより安いExtreme4を購入した。
今のところKissD/N で問題なく動いている。

-----

結局、60Dの発表を待たずに7Dを2009年中末に購入した。
Extreme4 を買い足そうと思ったが、売り切れの店が多く買い損なった。
かといってPROはまだ高いしなあ。

kiss DNだとSIGMA18-200がでかく見えたけど、
7Dだと細く見える。OSとかISの手振れ付きレンズでぴったりな感じだ。
7Dはやっぱちょっと大きすぎで重すぎる。

-----

EOS Kiss DN で、グリーンハウスのCFが2枚ともエラーを起こしたが、
2005年5月の情報でレキサーのCFでカメラバッファメモリ内の画像消失があったそうだ。
http://cweb.canon.jp/e-support/info/050520eosd.html
スポンサーサイト
2009/10/25(日) 23:21:47| 写真| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。