跡地ひとり調査団
別にHP持ってますし、ここはメモ代わりのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
珍しくキヤノンが改造キットを
「EOS 5D Mark II」、「EOS 7D」についてロック機構付きモードダイヤルへの改造を、ご希望されるお客さまに対するサービスメニューとして行なうことを決定しました。

モードダイヤルへの改造

ニコンだとこういうサービス在りそうだけど、キヤノンには珍しいような。
ファームウェアのバージョンアップは当然としても、これは珍しいような。

改造ってのは手間賃みたいなものだろうけど、10,500円ってのは本体購入価格の何割じゃ。

でも、おれは改造しちゃうだろうな。
この前、ピント調整でサービスに出したばかりだからすぐには出さないけど、
Kiss DN が不意にボタンを押されただけでシャッターが切れなくなる致命的欠陥で改造を頼んだ位だからね。
7D もカメラバックからの出し入れでダイヤル回っちゃってチャンスに失敗した事があるし、やらねば。

P.S.
2011年に入ってからダイヤルロック改造しました。
60D のは真ん中のボタンが飛び出ているが、7Dのは上品に凹んでいる。
改造費出してまで改造した甲斐があった。素晴らしい。
これで不意のシャッターチャンスでの失敗が減るね。
スポンサーサイト
レンズが帰ってきた
不良品修理に出していたレンズが宅配便で届いた。
一見すると修理前よりは良くなってるっぽい? まだ右下が流れてるような? 
いや、被写体の配置によって目立ったり目立たなくなったりするだけで、実は全然改善されていなかった。
これで合格品なのか?! 

-----

EOS 7D のファームウェアのバージョンアップをした。
Version 1.2.1 だ。
1.ライブビュー撮影・動画撮影時の温度警告表示および温度上昇で自動終了するまでの時間を延ばしました。
2.AUTO ISO 設定時のプログラムシフトを最適化しました。
等。

それより、これって改悪なのでは? Kiss X4 に似た動きになったのかな?
Pモードを優先せずに、ISOオートを半固定、ダイヤルを回して絞りを足すと、手振れ限界を突破してもISO動かないで速度ばかり遅くなる。これでは三脚で撮影するのを前提とした仕様になってしまう。三脚使うならMモードかAvモード使うだろ。これではPモードのままでプログラムシフト使ってる意味がない。
ISOが動いて困るならISOオートに設定しなければいいわけで、本末転倒だ。なんかアホな仕様になっちゃったな。まあ、俺は元々シャッタースピード優先AE派だけど、Pが本当に純粋なPでしか使えなくなったな。

そんなことより、Kiss X4 と同じISOオート上限設定とかを搭載してくれないかな。
それと、ペンタックス K10D みたいにプログラムラインを選べたり、ISO感度優先AEみたいのも欲しい。

-----

『スタートアップチェッカー』なるフリーソフトをPCにインストールした。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se302214.html
自動起動ソフトの一覧を表示し、選んで作動を停止させるツール。
これでPCの立ち上げが早くなるかな?

-----

追伸:

レンズの不良修理は不完全だった。
展望室から街並みを2本のレンズで撮影したのだが、EF-S 15-85mm IS USM は片ボケしてしまって使い物にならない。
焦点距離によってもボケる度合いが異なっている。
それと、周辺光量補正をONにしているのだが、それでも右隅だけ黒い位に減光している(左はならない)。
ズームの位置(焦点距離)によっては近景でも片ボケが酷く、現実世界ではあり得ない遠近感の画像になってしまった。おかげで失敗写真になってしまった。

他のレンズと比較をしてみた。
EF-S 18-55mm 2 USM は、5年前の古いレンズだが、IS付きと違って補正レンズが無いので写りが良く、リングではないもののUSMで静かなズームレンズだ。以前AF調整に出してから単焦点かと思う程の解像度になっている(ズームなので当然歪みは出るが)。
このレンズと比べると、EF-S 15-85mm IS USM は、解像度が高い部分は凄いが、片ボケのせいで油絵みたいな画像だ。画面の右半分は使い捨てカメラの画像並みに酷い。
比べてみると、何倍も安くて古いEF-S 18-55mm 2 USM や、JPEGでは色収差が残るEF-S 17-85mm IS USM の方が断然良い(15-85mm IS USM も色収差出るし)。せっかく買い足したのにこれでは意味が無い。

再修理が必要だが、再修理にはカメラとサンプル(CD-Rなどで)が必要らしい。
サンプルはよいが、代品無しでボディーは出せない。困ったものだ。

なかなか直らないことはキヤノンだけでなく、ニコンでも他のメーカーでもあるわけだけど、
ハズレを引いた後の対応は何処がよいのだろう?
キヤノンレンズ不良!新品レンズが片ボケ
「北とぴあ」から桜の写真を撮ってきました。
北区なのに、「ほくとぴあ」。

EOS 7D 15-85 IS UレンズキットのEF-S 15-85mmが片ボケしている。右側がボケている。
もっと早くチェックすれば良かった。
よく調べると、全部のコマが片ボケではなかった。だから気付かなかったのか。
ボケてるにしては何処にも合っていないような。
これは手振れ補正付きレンズなのだが、そのISが不良なのかもしれない。
IS-OFFで十分高速なシャッターを切っているのに、画面右だけブレているようなのだ。
テレはマシだがワイド側が酷い。
購入当初のも見直す。やはり右側だけボケてる。他のレンズでも数枚だが右だけボケがある。カメラ側がおかしい? だが、ちゃんと合って解像度が高いのもある。なんだろ? 
(画面右側にある被写体や背景が中心より手前にあるコマが目立たなかっただけだった:画面右だけ前ピン)
どちらにせよ写真がパーだ、大損害だEF-S 17-85mm より解像度が高いと聞いて買ったのに、17-85mm 使い続ければ良かった。
ネットでもこのレンズは片ボケが多いようだ。噂通りキヤノンは調整が駄目だな。不良品だ。
キットレンズは検査が甘いのかな?新品で塵が数個入ってたし、日本製じゃなきゃ駄目?
フィルム時代と違って桁外れに生産本数多いから仕方ないでは済まない問題だ。
近い内に修理に出さないと。

「アスカルゴ」凄い人気です。長蛇の列。
あの頂上には回転展望台があったわけですが、北とぴあ出来て不必要になったのでしょうけど、
展望台撤去してアスカルゴ設置は正解だったかも。
あとは、飛鳥山と音無川の間に地下通路か歩道橋が欲しいところです。

---

P.S.
修理に出しました。このレンズは個体差があって片ボケも多いようです。
このレンズを持ってる人は写真を調べた方がよいですよ。
ネットでキヤノンについて調べるとピント調整ではなく、片ボケの対策修理として出さないと直らないらしいです。

今回の修理では、ボディーを一緒に出しませんでした。
本当は一緒にピント調整もすべきなんですが、旅行で使う予定があるのでレンズだけ出しました。
旅行では以前買った方の旧型レンズを付けて行きました。まったくぅ。

7Dに、EF-S 15-85mm 付けて首から下げていると重くて苦痛だったが、
7Dに、EF-S 18-55mm 2 USM だと、軽くて1日首から下げて歩き回っても全然平気だ。
7Dは重い重い言うが、重いボディーに軽いレンズだとバランスも取れて凄く楽です。
望遠が55mmまでだとレンズ交換する機会が増えるが、それが一眼レフだしね。
7DをM-Jpegの画質に落としてEF-S 18-55mm 2 USM と組み合わせ、
街撮りとか惜しげもなく写真撮りまくる使い方も良いかも。
7Dをそんな使い方するのはもったいないようにも思えるけど、素晴らしい使い方かもですよ。
デュアルDIGIC4 は快適だし、いいよ。

ただし、7DにはUSMモーターのレンズが必須ですね。それ以外のは相性が悪い。
憧れだった 直進ズーム の思い出
最近、レンズ沼にはまっていて、何本もレンズを買い換える羽目に陥っています。
そんな中、最近ふと昔憧れだったズームレンズの特徴を聞かなくなったことに気が付きました。

「直進ズーム」

学生時代、私の持っているズームレンズはタムロン35-70mmで、純正NewFDと併用するとピントの回転方向が逆だったりしてちと使いにくかった。
そして、一瞬のチャンスではズーミングとピントを同時に操作する必要がありました。
そう、昔はマニュアルフォーカスだから2つのリングを同時に操作しなくてはならなかったのです!!
だが、私はキャノン党だからまだマシだった。シャッタースピード優先AEだから絞りリングまではいじらなくて済む。
それでも2つのリングを操作するのは辛かった。1つで操作できたなら…。

「直進ズーム」

そう、直進ズームなら1つのリングで操作できるのです! 
回転でピント合わせ、前後収縮でズーミング、素晴らしい!

だが、買えないまま一度鉄道趣味と写真を辞めていた(一眼の代わりにコンパクトとビデオを買った)。

再び鉄に復活し、憧れの純正直進ズームを買うことが出来た時にはEOSが登場していて、
何故か中古のNewFDにはプレミアムが付いていてEFレンズより高かった。でも買った。

NewFD 35-105mm F3.5-4.5

http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/nfd/data/zoom/nfd_35~105_35~45.html

キヤノンはなかなか便利なレンズを出さないメーカーだが、これは使いやすかった。
が、たった10cmの高さからカメラ本体が下になった状態で倒れただけで折れた???! 
華奢すぎるっ、AE-1は無事なのに~。
NewFD の中古は高いので、もういっそのことマウント変更だと EOS 55 とEFレンズを買ってしまいました。
EFレンズはAF主体なので私の買ったレンズは直進じゃないズームレンズばかりでした。
学生時代憧れていた直進ズームとは短い付き合いでした。
EOS Kiss X4 に合うレンズ
EOS Kiss DN を長年使ってきて、EOS二桁機に毎回失望しつつEOS 60D を待っていたがついに出ず、EOS 7D が出た。
こいつはスペックモンスターといわれるだけあって待ち望んだスペックだった。2台購入した。
だが、ちょっと重い、そして、適当に撮るとKiss DN より画質が悪い絵になってしまう。難しい。
もう少し軽いのが欲しい…
そしたら予想より早くEOS Kiss X4 デビュー!
キャッシュバックの噂からEOS 50D はまだ半年は販売が続行されると考えられる。やはりEOS 60D は無いのか。

EOS Kiss X4 は正直欲しい。が、私の場合EOS 7D と Kiss DN あるし、すぐ飛びつくこともないだろう。
EOS Kiss X5 が出たら旧型になったX4 を買っても良いかも。
Kiss X5 が出ても色あせない位のスペックをKiss X4 には感じる。

で、Kiss X4 だが、ボディーのみの他、18-55mm、18-55mm&55-250mm、18-135mmのレンズキットがある。
ボディーだけとレンズキットとの価格差を考えるとレンズキットがお得だ。

いぱーん人には、18-135mmレンズキットがお勧めだと思う。が、
中古品の売買になれてる人なら、もっと別の選択肢があると思う。

ダブルズームキットだ。そして、未使用新品のまま18-55mmは売ってしまうのだ!! 
代わりに、2万円前後で中古のEF-S17-85 IS USM を買うのだー!

17-85mmの評価が低いのはAFピントズレのせいもあるので、ボディーと一緒にAFピント調整に出せば良い。
私は15-85mm、17-85mm、18-55mm全てを所有して使ったことがあり、17-85mmはAF調整もしたことがある。

まず、18-55mmだが、55mmでレンズ交換が多発するのは宜しくない、シャッターチャンスを逃す元だ。
55mm-85mm間が2本のレンズでダブることで使い勝手が良くなるのだ。
それと、動画撮影をするのならリングUSMは必須だ! 17-85mmはリングUSMでフルタイムマニュアル可能!

店で18-135mmや18-200mmをいじったが、ジャージャー五月蠅い。リングUSM付きなら人気出ただろうに(格好悪いけど)。17-85mmは15-85mmより軽くて外観が格好いい。そして中古が安い。

Kiss X4 にベストマッチなレンズはEF-S 17-85mmだと思う(実際には試していないが)。

-----

EOS Kiss X4 、そして、X3 にもEF-S 17-85mmがベストマッチな標準レンズだと言えよう。
そして、望遠にEF-S 55-250mmが良いと書いたが、
動画も撮影することを考えるとベストとは言い難い。コストパフォーマンス上で良いと書いてるに過ぎない。
では、本当は何がよいのか?
旅用にKiss X4 と組むのだから大きすぎてはいけない。
そうなると、新品でEF 70-300mm IS USM でしょうか。

だが、レンズ設計がフィルム時代で、ISが無くても良いのなら、もっと安くUSMズームレンズが中古であります。

EF 75-300mm F4-5.6 III USM

リングUSMではなく、マイクロUSMだが、音は静かになるはず。この後世界初のIS付きが出るが、無しで良いでしょう。
実は、 III の後継はISだけではなく、
EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
も、後継機だそうです。旅に出るなら、5mm程空白が生じますが、これもありました。
リングUSMが好きなら、EF 100-300mm F4.5-5.6 USM というのもありました。中古で1万円以下ですよ。

ちなみに、望遠側は200mmまででもよいと言うのなら、
EOS kiss DX のダブルズームだったEF 55-200mm F4.5-5.6 II USM とうのがありました。
Ⅰ型はフィルム時代のですが、Ⅱ型のはデジタルコーティングになっています。
これの後継がEF-S 55-250mmISなわけで、250mmのIS付きを取るか、マイクロUSMを取るか、ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。