跡地ひとり調査団
別にHP持ってますし、ここはメモ代わりのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
環状6.5号線
東京に住む人ならば、内堀通り、明治通り、山手通り、環七、環八とかの環状(半環状)道路を知っていると思います。
そして、「都道 環状6.5号線」も存在する。 
正式ではない俗称ですけど。

都道環状6.5号線とは、山手通りと環七の中間に伸びる都道で、都道420号線が正式名称で、鮫洲大山線です。
有名処としては、JR中野駅を南北に貫く中野通りがそれの一部に当たります。
ところがその環6.5は、未完成で、まったく現況道路が無い区間や、狭い道路が存在します。
この環6.5こと都道420号線は、一部マニアには有名なようですが、各地で工事している中でも鉄的にもたまらないポイントがあります。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2007/09/20h96400.htm

品川区豊町2丁目付近、東急大井町線下神明駅から戸越公園付近です。

http://yj.pn/hoo5X7

鉄的にはこの踏切から見える光景が有名な場所。
地上レベルで品鶴線の横須賀線と湘南新宿ラインの平面分岐ポイント、その上を直角に東急大井町線、さらにその上が東海道新幹線の三階建て交差です。

現地へ行ってみると、トンネル工事部分が窪地になってる。廃河川や暗渠マニアにも嬉しい小川の跡が護岸の形でわかる状態で残っています。
地下道もあるし、環6.5号線の水没したトンネルもあるから鉄以外も含めるとかなりの階層になっているポイントです。

まだまだ東京は面白い。20年前の六本木ヒルズのところにも片側放置のトンネルがあった。同じように、東京中に放置されたトンネルがある。
スポンサーサイト
ポルシェの2011年卓上カレンダー
市川IC

京葉道の市川インター付近に外環道が接続するので、その工事で京葉道が仮設道路になっています。
まだまだって感じですね、ここは。
スカイツリーがうっすらと見えます。

特殊ボルト

ポルシェの特殊なボルトを注文していたのですが、入荷したので受け取りに行きました。
卓上カレンダー頂きました。
ケイマンRの資料はまだ無いそうです。
新線と旧線と多摩川越え
大師JCT

先週で横浜大黒ふ頭のスカイウォークという観光用有料歩道が閉鎖になったが、まったく興味ないので行かなかった。
アレを考えたヤツははっきり言ってバカだろ。大赤字出して。
横浜ではC58が走った時も横浜博の時も行ったが、Y150は酷すぎていく気になれなかった。横浜は駄目な時は駄目だな。
俺は、鳴戸の幻の四国新幹線鉄橋跡に作られた歩道を歩いた事がある。鳴戸の渦巻きが見れるのだ。東京のレインボーブリッジも歩いたが、観光地直結の上に無料で対岸へも渡れると実用的だ。
それと比較して、横浜のは、あんなコンテナ埠頭で観光気分になるわけがない。徒歩なんだから公共交通機関を便利にするか観光地そのものに作らなきゃ駄目だろ。車利用を前提にするのなら、むしろ大黒PA直結の方が喜ばれたはず。
馬鹿すぎる。バブルの頃に存在は知っていたが、もうとっくに忘れていた。
この先も維持費が掛かるらしいし、首都高が引き継いであげて、大黒PAの観光施設として活用するべきだろう。

K6分岐

で、今週は、お隣川崎の首都高が延伸になる。
その大師ジャンクションで体感ウォーキングが開催される。行ってみた。ループって結構バンク角付いてるんだね。まあ、つくばの高速周回路跡や、富士のバンク跡を歩いた俺にとっては大したことないが、なかなかだよ。
説明によると3km程歩いたようだ。殿町IC方向の高架にちょっと入ったところでUターン。
Uターンしたところから説明。
アクアライン(殿町)側からK6を進むと、大師トンネルで地下へ。
下り勾配だが、将来の地中での立体交差のためなのかアップダウンがある。
写真のところは、映画をしている左手が将来川崎駅方面へ伸びる本線計画。
右手へ分岐するとジャンクションぐるぐる。東京方面へは行けない片方向ジャンクション。

話の時間が戻るが、大師へは、ホリデー快速やまなし215系にちょっと乗って山手線と京急で来た。蒲田の先で上下線が左右反対に走る区間が出来ていた。環八の上り仮線鉄橋を転用した下り線だ。
もの凄く長い踏切で有名な産業前駅で下車したのだが、ホームの位置が移動している。更に枕木の下で工事をしている。何だろうと思ったら、大師線を地下鉄にする計画だそうだ。ほぼ全線が地下区間にルート変更されるのに、肝心の小島新田だけ地上。この駅は国鉄貨物線によって分断されて移動した駅なのだから、こここそを地下にして元の位置まで延伸すべきなのに。
川崎市はお金余ってるのか? JR南武支線を尻手から川崎にルート変更するのが先だと思うのだが。
鈴木町の古めかしい駅舎が建変わって驚いている場合ではなかった。
この首都高の延伸工事と京急地下化は一緒にやるって事なのだろう。
大師線地下鉄化

さて、ここから更に徒歩で羽田へ向かう事にした。
産業道路から羽田空港へは川崎、蒲田経由で400円だが、歩いて多摩川を渡ってしまえばいいのだ。
多摩川を渡り、煉瓦製の土手が続く旧堤防を歩いた。鳥居も見えた。
天空橋駅からは、京急ではなくモノレールに乗車。ちなみに、空港第一で下車すると190円あのに、空港第二で下車すると260円だ。徒歩移動でき、1つの駅とも言えるのに! そして京急も、羽田空港から天空橋は150円なのに、すぐ隣の穴守稲荷だと運賃が突然倍になる?!
モノレールから旧線跡と、通過する新駅を撮影した。

羽田空港で昼食を取り、嵐のジェット機や、引退間近のジャンボを撮影した。
無料バスで国際センターミナルへ行き、また撮影。

疲れたのじゃ。
今年もオフミ
今年のオフミは中部地方だったので、ついに、やっとカーナビを買いました。
ポータブルでも結構使えるね。

オフミの会場になった街は温泉街。
なんだけど、珍しい事に一人でも泊まれるスーパー銭湯のようなホテルもある。
出来れば、持ち込み食料を食べてゴミを捨てられるコーナーがあると嬉しかった。
ちなみに、コンビニは往復80キロ走らないと無い。

1週間で5年分走ったな。

1,170km だ。

東京-富山 474km 43.99L 単132 燃費10.8
富山-金沢 186.9km 18.97L 単136 燃費9.9
金沢-塩尻 276.9km 27.22L 単134 燃費10.2
プチ・レストア
センターコンソール

夕方涼しかったのに、夜中になって生暖かい蒸した空気が入ってくる。
異常気象なのか、都心が悪の源なのか。

夏バテで動けません。が、ちょっと動きました。

我が愛車には、元々カセットテープ時代の装備であるカセットケースが付いていたのですが、
CDデッキに交換して不要となり、
軽量化の名の下にそれを18年?前に取り外していました。

その後、ドリンクホルダーを設置して缶コーヒーとか置いていたのですが、
21世紀に入ると小型ペットボトルというのが市販されるようになり、
缶サイズのドリンクホルダーも過去の遺物になりました。

全国オフミを前に、プチ・レストアすることにしました。

実は、本来ココに付くこのカセットケースは、1988年式の924Sだけに装備される超レアな部品!
1987年式924Sや、944には存在しないのです。
外してからずっと保管してきた装備を付け直しました。

少し新車時の姿に戻った(笑) 限定モデルなのにだいぶ改造しちゃったからなあ。

ちょっとオートバックスへ行ってみた。
10年使えたボッシュシルバーバッテリーは今でも売っていました。
39,800円。外車サイズは10年前と同じ位高いな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。